Home > Study > Computational Illusion

計算錯覚学(Computational Illusions)とは?

    目の錯覚という身近で不思議な現象を、数学を使って調べ、その仕組みを明らかにしていきます。
    数学を使うメリットは、主に二つあります。第一に、現象を計算手続きという形で記述できますから、条件を変えると何が起こるかが予測できるようになります。第二に、錯覚の強さを錯視量という数値で表すことができますから、それを増やしたり減らしたりして錯覚効果をコントロールできるようになります。
    このメリットを生かして、応用分野も積極的に開発していきます。まず、錯視量を最小化することによって、認識しやすい環境を作り、安全性の向上に役立てます。また、錯視量を最大化することによって、新しい情報表現法を提供し、文化的豊かさの向上に役立てます。
    さらに、これらの研究活動を通して、知覚・認識の解明を支える柔軟でロバストな数理モデリング手法とそれを解析する計算理論を構築し、数学自体の発展にも貢献します。  (計算錯覚学のHP より)


錯覚から人を知る 〜計算錯覚学の世界〜

公益社団法人 映像文化製作者連盟が主催する「映文連アワード2013」において,本DVD作品が優秀企画賞を受賞しました.



錯覚から人を知る 〜計算錯覚学の世界〜 【ダイジェスト版】



Related Links

    ○ 明治大学研究・知財戦略機構ニュースのページ
    ○ 映文連アワード2013
    ○ JST CREST「数学」領域 「計算錯覚学の構築」

≪ Entrance
since 2008 Akiyasu TOMOEDA