Home > Past Topics >

Past Topics (2016)

  • 2016年12月20日 特許出願をしていた 発明の名称:「時計装置及び時計プログラム」がこのたび特許登録となりました.(2016年11月18日登録)
  • 2016年11月25日 錯覚の特集が 読売新聞2016年11月27日 に掲載され,ストライプパターンによる坂道傾斜認識の変化を紹介していただきました.
  • 2016年10月14日 新しい論文が出版されました.
    "Footsteps Illusion Art"
    Jun Ono, Akiyasu Tomoeda,and Kokichi Sugihara
    Journal of Mathematics and the Arts (JMA), 1-9 (2016).
  • 2016年9月15日 小野 隼, 友枝 明保, 杉原 厚吉
    「フットステップ錯視アートの設計法」,Vol.23, No.4, pp.585-600 (2013).

    が,日本応用数理学会論文誌 論文賞(応用部門)を受賞しました.
  • 2016年8月13日 執筆原稿 "2015年度武蔵野大学数理工学コンテスト" が
    日本評論社 数学セミナー2016年9月号(Vol.55_No.9_659) に掲載されました.
  • 2016年6月8日 新しい論文が出版されました.
    "Shape optimization method applied to room design based on an incompressible fluid model"
    Takashi NAKAZAWA,Eiji KATAMINE,Akiyasu TOMOEDA,Hideyuki AZEGAMI
    RIMS Kokyuroku Bessatsu B54 "Topology optimization theory and applications toward wide fields of natural sciences", 1-14 (2015).
  • 2016年5月20日 新しい論文が出版されました.
    "Computaional Creation of Hollow Mask Type Illusionary Solids with Shading Effect"
    Akiyasu Tomoeda and Kokichi Sugihara
    Computer Aided Drafting, Design and Manufacturing (CADDM) Vol.25 No.4, pp.8-12 (2015).
  • 2016年3月18日 錯覚のデモ(Mathematica)のページを作成しました.
  • 2016年3月17日 ★メディア情報★
    --- 3月24日(木)7:00 「中西哲生のクロノス」 東京FM ---
    錯視現象が引き起こす(かもしれない)交通事故について解説しました.
    時間があればご覧ください.ラジオ収録は初めて!
  • 2016年3月9日 新しい論文が出版されました.
    "相対速度を考慮したある追従モデルの分岐構造について",
    友枝 明保, 宮路 智行, 池田 幸太
    武蔵野大学数理工学センター紀要(ISSN 2424-0524),第1巻, pp.54-64 (2016).
  • 2016年3月9日 新しい論文が出版されました.
    "2014年度数理工学コンテスト応募レポートの分析に基づいた数理工学教育への示唆",
    西川 哲夫,友枝 明保,薩摩 順吉
    武蔵野大学数理工学センター紀要(ISSN 2424-0524),第1巻, pp.65-91 (2016).
  • 2016年2月24日 新しい論文が出版されました.
    "幾何計算と陰影計算を用いたホロウマスク型錯視立体「陰影つき矢印の幻惑」の設計法"
    友枝 明保, 小野 隼, 杉原 厚吉
    日本図学会「図学研究(Journal of Graphic Scioence of Japan)」,第49巻 4号(2015年12月), pp.3-9.
  • 2016年1月1日 新年明けましておめでとうございます.
    今年もどうぞよろしくお願いいたします.

Past Topics (2015)

  • 2015年12月1日 武蔵野学院報「武蔵野Journal」15号の執筆原稿
    "「速度低下注意」の看板の意味,知っていますか?" をアップしました.
  • 2015年10月16日 武蔵野大学数理工学センターは、明治大学先端数理科学インスティテュートと研究協力を締結しました.
     -- 武蔵野大学のニュースは コチラ
     -- 明治大学先端数理科学インスティテュートのニュース コチラ
  • 2015年10月1日 研究課題名「錯視現象の数理モデル構築とその解析」が2015年度共同利用・共同研究拠点MIMS「現象数理学拠点」共同研究集会(共同研究型) (三村昌泰(明治大学),杉原厚吉(明治大学),出澤正徳(電気通信大学),友枝明保(武蔵野大学),須志田隆道(明治大学),近藤信太郎(明治大学))に採択されました!!
  • 2015年9月23日 執筆原稿 "計算を用いたフットステップ錯視アートの創作とその実用化に向けて" が 一般社団法人 日本シミュレーション学会 学会誌「シミュレーション」第34巻2号(2015年6月発行)に掲載されました.
  • 2015年9月18日 ★メディア情報★
    --- 9月20日(日)24:35 「センニュウ感」 テレビ東京 ---
    ホロウマスク錯視とフットステップ錯視アートの映像が取り上げられます.
    時間があればご覧ください.
  • 2015年9月2日 ★メディア情報★
    --- 9月3日(木)19:00 「木曜スペシャル」 BS日テレ ---
    コリジョンコース現象の解説及び,コリジョンコース現象実験の監修をしました.
    時間があればご覧ください.
  • 2015年8月17日 日本評論社 数学セミナー2015年2月号,特集「微分方程式で現象を見る」に掲載されました執筆原稿
    "交通渋滞と常微分方程式モデル" を本webページで公開しました.
  • 2015年7月16日 執筆原稿 "サグ部に潜む目の錯覚と「渋滞」" が 一般社団法人 建築コンサルタンツ協会 会誌「Consultant」,第268号(2015年7月発行),pp.24-27,に掲載されました.
  • 2015年7月8日 新しい論文が出版されました.
    "Reduced model from a reaction-diffusion system of collectivemotion of camphor boats"
    Shin-Ichiro Ei, Kota Ikeda, Masaharu Nagayama and Tomoeda, Akiyasu
    Discrete and Continuous Dynamical Systems - Series S (DCDS-S) Vol.8 No.5, 847-856 (2015).
  • 2015年6月20日 出張が多いこともあり,経県マップ をつけてみました.
  • 2015年6月14日 ★メディア情報★
    --- 6月21日(日)19:58 「ニュースな晩餐会」 フジテレビ ---
    コリジョンコース現象について解説しました.
    時間があればご覧ください.
  • 2015年6月2日 研究課題名「渋滞解消に向けた数理モデルの計算機援用解析」が2015年度MIMS数理科学共同研究プロジェクト(研究代表者:池田幸太,研究分担者:宮路智行,友枝明保)に採択されました!!
  • 2015年5月25日 ★メディア情報★
    --- 5月25日(月)15:35 「L4you!プラス」 テレビ東京 ---
    ジャストロー錯視やフィック錯視,縦断勾配錯視について解説しました.
    時間があればご覧ください.
    (紺野アナウンサーとの一枚///)
  • 2015年5月24日 ★メディア情報★
    --- 6月14日(日) 「domingo espectacular」 ブラジルRecord TV ---
    べた踏み坂と呼ばれる江島大橋の坂道の見え方と屋島の坂道錯視について解説しました.
    動画 はこちらからご覧になれます.
    時間があればご覧ください.
  • 2015年5月11日 -----錯覚美術館 閉館 のお知らせ-----
    錯覚美術館は、JST, CREST事業「計算錯覚学の構築」プロジェクト研究活動の一環として運営していますが、このプロジェクトが今年度で終了するため、錯覚美術館の運営も終了します。
    最終開館日は 2015年12月26日(土) です。
    それまでは、毎週土曜日(午前10時から午後5時,入場無料)に開館します。
    2011年5月のオープンから今まで、多数の皆様にご来館いただき、ありがとうございました。
    皆様のご理解、ご支援に深く感謝申し上げます。
  • 2015年5月6日 # 第1回 MCMEセミナー (pdf)
    --- 2015.5.20 (水) 17:00-18:30 @ 武蔵野大学 有明キャンパス1号館3階 306室
    --- 講師:Prof. Tong Li (University of Iowa, USA)
  • 2015年5月1日 ★メディア情報★
    --- 5月1日(金)11:00 「ひるおび!」 TBSテレビ ---
    縦断勾配錯視の映像を提供し,渋滞が起こる仕組みについて紹介していただきました.
    時間があればご覧ください.
  • 2015年4月20日 研究課題名「サッカーのチーム戦力をリアルタイムに評価する新たな指標の提案とその活用」が2015〜2016年度武蔵野大学学院特別研究費(学術研究)(研究代表者:木下修一,研究分担者:友枝明保)に採択されました!!
  • 2015年4月1日 本日付けで, 武蔵野大学工学部数理工学科 の准教授に着任しました.
  • 2015年3月4日 ★メディア情報★
    --- 3月28日(土)23:30 「LIFEサプリ〜かしこくなるTV〜」 BS日テレ ---
    縦断勾配錯視について解説しました.
    時間があればご覧ください.
  • 2015年2月20日 運転に関する豆知識のページを更新しました.
    第二回は 「矢印が描かれた二種類の道路標識/標示板の意味は...」です.
  • 2015年2月6日 ★メディア情報★
    --- 2月7日(土)15:00 「人間とは何だ!?…脳と心のミステリー・生命38億年スペシャル(事前番組)」 TBS ---
    関東ローカル(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
    2014年2月12日放送分からの再放送とのことです.
    時間があればご覧ください.
  • 2015年1月20日 運転に関する豆知識のページを作成しました.
    第一回は 「信号機が併設された踏切遮断機では...」です.
  • 2015年1月15日 執筆原稿 "交通渋滞と常微分方程式モデル"
    日本評論社 数学セミナー2015年2月号(Vol.54_No.2_640),特集「微分方程式で現象を見る」 に掲載されました.
  • 2015年1月1日 新年明けましておめでとうございます.
    今年もどうぞよろしくお願いいたします.
    今年の年賀状のデザイン色は コチラ
    デザインは,立命館大学の北岡先生の 色の錯視14のページ (色のアンダーソン錯視) を参考に作成しました.

Past Topics (2014)

  • 2014年12月22日 きまぐれコラム(「速度低下注意」の看板の意味,知っていますか?)を公開しました.
  • 2014年11月18日 「セルオートマトンが拓く現象数理学」 を開催します.ポスター (pdf)
    日時 : 2014年12月4日(木)〜 5日(金)
    会場 : 明治大学中野キャンパス
    参加無料,皆さまのご参加をお待ちしております.
  • 2014年11月11日 International Symposium on Psychological vs Mathematical Approaches to Optical Illusion を開催します.ポスター (pdf)
    日時 : 2015年3月4日(水)〜 6日(金)
    会場 : 明治大学中野キャンパス
    参加無料,皆さまのご参加をお待ちしております.
  • 2014年11月3日 武蔵野大学 数理工学科 紹介映像 が公開されました.
    ちょびっとだけ講義風景が出ています///
    その板書で"Cellular Automaton"のはずが,"Celluler Automaton"になっています;;;なんてこった;;;
    (山田先生,梶原先生ご指摘ありがとうございました///)
  • 2014年11月1日 ★メディア情報★
    --- 2014年11月号,JAL機内誌「SKYWARD」---
    「渋滞のない未来はつくれるのか!?」というタイトルで,自然渋滞と縦断勾配錯視について紹介していただきました!!
    JALに乗る機会があれば,是非ご覧ください.
  • 2014年10月23日 きまぐれコラム(高速道路のジャンクションのカーブ形状)を公開しました.
  • 2014年10月7日 武蔵野大学HP上にて, 3分でわかる数理工学講座 がスタートしました.
    「数理工学って何?」と思った人は読んでみてください.
  • 2014年10月5日 武蔵野大学 数理工学コンテスト の募集を開始しました.
    応募締切 : 2015年1月30日(金)※消印有効
    募集pdfファイルは コチラ
    皆さま,積極的なご応募をお待ちしております.
  • 2014年10月2日 臨海副都心産官学連携シンポジウム
    「2020年,そして未来へ―社会を変革する数理工学」
     を開催します.
    日時 : 2014年11月5日(水)
    会場 : 武蔵野大学有明キャンパス 3号館大教室
    申し込みは コチラ
    入場無料,皆さまのご参加をお待ちしております.
  • 2014年8月13日 ★メディア情報★
    --- 8月14日(木) 5:25 「めざましテレビ」 フジテレビ---
    今年のお盆の渋滞について,電話で解説します!!
    時間があればご覧ください.
  • 2014年8月10日 第8回錯覚ワークショップ を開催します.
    日時 : 2014年9月8日(月)〜 9日(火)
    会場 : 明治大学中野キャンパス 6階セミナー室3
    入場無料,皆さまのご参加をお待ちしております.
  • 2014年7月29日 「ドラえもん もっとふしぎのサイエンス」 Vol.4,(小学館発行)に, "矢印の幻惑" (友枝明保・杉原厚吉作, 2012) が掲載されました!! (2014年7月)
  • 2014年7月18日 ★メディア情報★
    --- 8月19日(火) 20:00 「マサカメTV」 NHK(総合)---
    ホロウマスク錯視と屋島の縦断勾配錯視について,解説します!!
    時間があればご覧ください.
  • 2010年7月12日 愛媛県総合科学博物館での平成26年度夏の特別展「大トリックアート展」で,フットステップ錯視アートを展示していただいています.
    期間:2014年7月12日(土)〜9月15日(月・祝)
    是非みなさん足を運んでみてください.
  • 2014年5月14日 ★メディア情報★
    --- 5月22日(木) 16:52 「ニュースアンサー「暮らしのアンサー」」 テレビ東京---
    道路上の錯視について解説します!!
    時間があればご覧ください.
  • 2014年4月19日 フットステップ錯視アートの作品 "Pigeon Neck Illusion" が Best Illusion of the Year Contest (The Best Illusion of the Year Contest is an Official Satellite of the Vision Sciences Society meeting)(世界の錯視コンテスト) で 2014 Top 10 finalist に選ばれました.
  • 2014年4月16日 ★メディア情報★
    --- 4月16日(木) 16:53 「スーパーJチャンネル」 テレビ朝日---
    屋島の縦断勾配錯視の映像について,電話で解説します!!
    時間があればご覧ください.
  • 2014年4月8日 ★メディア情報★
    --- 4月12日(土) 12:00 「ぶらぶらサタデー〜有吉くんの正直さんぽ」 フジテレビ---
    錯覚美術館にて,フットステップ錯視アートについて解説しました!
    時間があればご覧ください.
  • 2014年4月1日 本日付けで, 武蔵野大学環境学部 の准教授に着任しました.
  • 2014年3月5日 ★メディア情報★
    --- 3月7日(木) 5:30 「朝ズバッ!」 TBS---
    縦断勾配錯視の映像が紹介されます!!
    時間があればご覧ください.
  • 2014年2月25日 ★メディア情報★
    --- 2月26日(水) 読売新聞---
    「錯覚の効用」という連載で縦断勾配錯視研究が紹介されます!!
    時間があればご覧ください.
  • 2014年2月20日 「大学への数学」 3月号の "ふしぎの国のスウガク使い" で研究を紹介していただきました.
    是非ご覧ください.
  • 2014年2月12日 ★メディア情報★
    --- 2月12日(月)19:00 「人間とはなんだ…!?」 TBS---
    縦断勾配錯視の映像が紹介されます!!
    時間があればご覧ください.
  • 2014年1月22日 第7回錯覚ワークショップ を開催します.
    日時 : 2014年3月11日(火)〜 12日(水)
    会場 : 明治大学中野キャンパス 6階セミナー室3
    入場無料,皆さまのご参加をお待ちしております.
  • 2014年1月1日 新年明けましておめでとうございます.
    今年もどうぞよろしくお願いいたします.
    今年の年賀状のデザインは コチラ

Past Topics (2013)

Past Topics (2012)

Past Topics (2011)

  • 2011年11月25日 ★メディア情報★
    --- 11月29日(火)19:56〜 「教科書にのせたい!」 TBSテレビ---
    一番最後のコーナーで錯覚の特集があります.坂道錯視も取り上げられています.時間があればご覧ください.
  • 2011年10月25日 日本道路協会「道路」847号 (平成23年10月号)の執筆原稿 "渋滞解消への数理と実証" をアップしました.
  • 2011年9月22日 ★メディア情報★
    9月6日に放送された「たば☆さとGO!」の番組がYoutubeで配信されました.
    コチラからご覧になれます.もしお時間があれば是非!
  • 2011年8月27日 ★メディア情報★
    9月6日(火) 11:00 / 14:00 / 17:00/ 22:00 「たば☆さとGO!」 東京ケーブルネットワーク
    錯覚美術館の開館経緯,「計算錯覚学」の研究活動,錯覚美術館の作品紹介を行いました.
    Youtubeでも動画が配信される予定.
  • 2011年7月15日 ★メディア情報★
    神田経済新聞ヘッドラインニュース,「神田淡路町に「錯覚美術館」−数学で導き出した「錯覚」を体験」
    錯覚美術館の開館経緯,「計算錯覚学」の研究活動について解説を行いました.
  • 2011年6月23日 ★メディア情報★
    --- 7月4日(月)19:00〜 「不可思議探偵団」 日本テレビ系列---
    視覚トリック作品の解説で出演します.時間があればご覧ください.
    ハリセンボンさんの横でMC風です.
  • 2011年6月16日 錯覚美術館 に展示されている「縦断勾配錯視模型」の紹介を記載しました.
  • 2011年6月1日 新しい論文が出版されました.
    "Spontaneous zipper merging of self-driven particles "
    Ryosuke Nishi, Hiroshi Miki, Akiyasu Tomoeda, Daichi Yanagisawa and Katsuhiro Nishinari
    J. Stat. Mech. (2011) P05027
  • 2011年5月19日 ついに渋滞研究成果がモノとして発売されます!
    ---パイオニア:AVIC-VH09CS---
    これは今までのカーナビではなく,車間距離の目安を教えてくれるカーナビです.
    このカーナビをみんなが付けて,<40m車間距離を空けて運転:渋滞吸収運転>を行えば高速道路の自然渋滞は必ず消滅します!!
  • 2011年4月28日 ★メディア情報★
    ---5月12日「爆問学問」総合テレビ---
    現在のボスの特集です.道路の錯視の研究素材を提供しました.
    時間があれば,ご覧ください.
  • 2011年4月27日 「錯覚美術館」 がオープンします.
    震災の影響で開館を延期しておりましたが,5月14日(土)に開館することが決まりました.
    基本的には5/14以降,毎週土曜日開館していますので,時間が合えばのぞいてみてください.
  • 2011年4月11日 新しい論文が出版されました.
    "Car-following model with relative-velocity effect and its experimental verification"
    Daisuke Shamoto, Akiyasu Tomoeda, Ryosuke Nishi and Katsuhiro Nishinari
    Phys. Rev. E 83, 046105 (2011)
  • 2011年4月1日 本日付けで,明治大学研究・知財戦略機構の特任講師に着任しました.
  • 2011年3月14日 「錯覚美術館」 は,3月14日に開館を予定していましたが,今回の大地震のため開館は5月以降まで延期しました. 開館日が決まりましたら,改めてご案内します.
  • 2011年3月10日 JST CREST「計算錯覚学の構築」の webpage ができました!
    錯覚美術館のページ もありますので,ご覧ください.
  • 2011年3月9日 錯覚美術館(淡路町すぐ)がオープンします! オープンチラシは コチラ
    毎週土曜日10:00〜17:00ですが,入館無料なので,皆さまドシドシお越しください.
  • 2011年3月1日 Mystery Road(屋島ドライブウェイ)の検証動画を公開しました.
  • 2011年2月25日 第4回錯覚ワークショップ〜CREST「計算錯覚学の構築」キックオフワークショップ
    を2011年3月14日(月)〜15日(火)で開催いたします.(震災により中止)
    このワークショップと連動して、CREST事業「計算錯覚学の構築」の研究活動拠点を兼ねた「錯覚美術館」の内覧会も開催します.14日,15日の両日とも,昼休みに希望者をご案内します.
    皆さまのご参加をお待ちしております.
  • 2011年2月14日 明治大学GCOE 第9回現象数理若手シンポジウム 「セルオートマトンは現象数理学の武器となりうるか?」を
    2月22日(火),2月23日(水)で開催いたします.講義pdfは コチラ
  • 2011年1月1日 ホームページ (トップページ) をリニューアル(ver.3)
    本年度もよろしくお願いいたします.

Past Topics (〜2010)