関西大学 総合情報学部 (高槻キャンパス)渋滞学・計算錯覚学

研究テーマ

友枝研究室では,数理モデルを用いて,身の回りの様々な現象の解明・問題解決に取り組んでいます.

渋滞学関連

渋滞がなぜ生じるのか?渋滞を緩和するためにはどうすればよいか?これらの答え数理科学の視点から探っています.

キーワード:交通渋滞,自動運転,群集運動,避難,防災,物流,最適化

計算錯覚学関連

錯覚現象を数理的に取り扱うことができると,錯視を何らかの"量"で定義することができるので,その"量"を大きくしたり小さくすることで,錯視現象の制御・予測が可能となります.

キーワード:錯視,錯視立体,不可能立体,錯視サイン,ホロウマスク錯視,フットステップ錯視,コンピュータービジョン


その他のテーマ

その他にも様々な数理研究を行っています.









所在地

〒569-1095
大阪府高槻市霊仙寺町2-1-1
関西大学高槻キャンパス
A棟219室(TA219)
友枝研究室へのアクセス

連絡先

tomoeda [at] kansai-u.ac.jp

SNS

気まぐれにtwitterで情報発信中///

follow me follow me LINEで送る

↑ PAGE TOP